沖縄観光人気スポットとオススメプランの紹介

沖縄で人気のレジャースポットとオススメのツアーBEST3

沖縄と言えば海!海と言えばマリンスポーツやアクティビティ!ということで、沖縄旅行や観光で人気のレジャースポットをオススメプランとともにランキング形式で紹介していきます。

1位 津堅島でマリンポーツ三昧


津堅島は沖縄県うるま市にある人口およそ500人のとても小さい島。
本島の東側から、高速船で15分、フェリーで30分ほどのところにあります。
根菜類の栽培に適した土壌であることからかつては「津堅ダイコン」が育てられていましたが、現在ではニンジンの生産が盛んになっており、島の面積の1/3がニンジン畑になっているため「キャロットアイランド」と呼ばれて親しまれています。

津堅島西側にあるおよそ1kmの「トマイ浜」は透明度が高く、釣り客や海水浴を楽しむ人にも親しまれていますが、ダイビングの名所としても知られており、さまざまなマリンスポーツを楽しむことができる場所にもなっています。

オススメプラン
◎一日遊び放題乗り放題

沖縄津堅島の海を思う存分楽しめる、遊び放題・乗り放題のメニュー。大人気のホバーボードやフライボード、クリアカヤックなど、個別料金だとちょっとお高いマリンスポーツメニューのほか、手ぶらOKのバーベキューがついてのお値段なのでかなりお得です。

2位 恩納村 青の洞窟ボートツアー


世界各地に存在している「青の洞窟」の中でも大人気なのが沖縄県恩納村にある青の洞窟。
太陽光が特定の条件を満たした洞窟の中で反射し、光の屈折によってきれいな深いブルーに見えることで幻想的な雰囲気を全身で味わうことができます。

オススメプラン
◎青の洞窟&熱帯魚餌付け体験&竜宮城★3ポイント回遊★プレミアムシュノーケリング(ボートエントリー)

ボートで洞窟に向かい、シュノーケリングを楽しむことができるプラン。熱帯魚に餌付けを行うこともできるので、間近できれいなお魚と戯れることができます。

3位 慶良間でホエールウォッチング


ホエールウォッチングというと寒いところのイメージがあるかもしれませんが、実は沖縄も有名なホエールウォッチングスポットになっています。
とはいっても12月下旬~4月上旬の冬季期間限定で沖縄と言えど寒い時期になってしまいますが、シベリア海域に生息しているザトウクジラが出産と子育てのために沖縄の海にやってきたところを目前で見ることができるのが魅力です。
野生のクジラが相手のため、100%見られるわけではありませんが、「見られなかった場合は全額返金」というキャンペーンを行っている会社があることから考えても、遭遇率は比較的高いようです。

オススメプラン
◎半日便ホエールウォッチングツアー

慶良間諸島国立公園をクルージングしながら、ザトウクジラをみんなで捜索するツアーです。

初めての沖縄!プランの立て方のポイント

旅行の目的を決めよう

みなさんが沖縄に行く目的はなんですか?
景色の良いところでゆっくり過ごしたいのであれば、海沿いのホテルを選んだりお部屋のグレードを上げるのがオススメですし、海水がキレイな沖縄でマリンスポーツを楽しみたいのであれば、海で遊べるアクティビティサービスの内容が充実しているところを選ぶのが吉。
何を最優先させるかで決めれば、より満足度の高い旅行になるはずです。

パックツアーかカスタマイズするか

沖縄が初めて!という人は全部コミコミで添乗員さんもいるパックツアーを選べば、定番の観光地を余さず回れて何かと便利ですし、ある程度の満足感も得られると思いますが、やや自由度が少ないのも事実。
思いっきり一つのことに没頭したい!沖縄じゃなきゃできない体験を満喫したい!と思うのであれば自分たちで予定をカスタマイズするのがオススメです。
ただ自分で飛行機を手配したりホテルやツアー会社に予約を入れたりと、慣れていないと大変なこともあるので、ホテルと航空券がセットになったツアーをまず選んで、あとはカスタマイズする、という形もオススメです。
土地勘のない場所だと移動や食事の問題も出てくるので、現地についてからの過ごし方も具体的に考えて、交通手段や宿泊先近くのお店なども調べて可能であれば予約をしておきましょう。

値段だけで選ばない!

値段の安さだけでよく見ずに旅行会社やツアー業者を選んでしまう人もいますが、それは間違いです!
安くても施設が古くて汚かったり、体験できることが限られていたり、お客さんが殺到していて混み合っていたりするのではせっかくの沖縄観光も楽しめません。
もちろん費用はツアーや旅行先を選ぶ際に重要な部分ではありますが、早期予約などのキャンペーンを利用することでお得な価格で楽しめるところもありますし、どうせならできるだけサービス内容が充実しているところを選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする